左手で汗を拭く

生きていれば100歳を越える祖母が、矯正されたことを生涯恨んでいたらしいので、私は放置プレイで育ちました。でも、右手も使えるようになったし、不便を感じたら、自分で努力します>すごい周りから言われまく(本当にうざかった)って矯正させられてたある日、担任になった先生が左利き 『無理に矯正なんてしなくていいの!』で 矯正生活終了した。 左利きは左利きで 問題は工夫して解決していくものそもそも、左利きを「矯正する」なんてのが差別的な言い方だ。つまり右利きは正しい(左利きは正しくない)と言ってるわけやから。矯正を強制的にする必要はないかと。もう一回言う!矯正を強制的にする必要はないかと!いや、もう一回言う!!矯正を強制的にする必要はないかとっ!!(`・ω・´)右打ちの親父のバットの素振りや試合を見て真似る内に、左打ちになったが、ボールは右投げだったけど。親父は左打ちに憧れがあるらしく、初めの一歩目の利点もあってか、そのまま打たせてくれたよ。特に変える必要もないのでは? 左利き=天才肌な感じもするし…。まぁ、ハサミ・自動改札・自販機・急須・お玉等左利きでは使いにくいものもあるけど。私の友人は左で書いて右で消すという器用なことをしてたなぁ…。私の母親と娘は左利き。娘は小1の時に「右にする」と言っていたけど、すぐに左に戻っていた。今では、習字は右で書き、右も左も上手に使い分けています。自然で大丈夫みたいですよ。私左利きだけど右でも全然いける!全然気にしてなかったけど気づいたら両方いける様になったかな。 ラケット握ったりボール使う運動は左で疲れたら右でやる、お習字は右で書いたほうが良い。箸もペンも余裕で両方使える!普通に右利きですが「左手も同じように使えるようになりなさい」と左手で鉛筆練習させられたことあります。でも、ちっとも上達しなかった(>_<)。訓練で利き手以外で鉛筆やお箸を使えるようになった人って素直にすごいと思う。下の子はたぶん左利き。でも、そうとは知らず右で教えてしまったのだけ右で。シール貼ったり自分で学んだ動作は左。たまに本人も混乱して持ち変えたりしてる。こうだよって教えず、まず好きなようにさせれば良かったって後悔してる…。こんな記事を読むと、左利きウェルカムな両親(特に父)で良かったなと思う(^^)どうにか左利きで生きてくから心配無用でっせ!ただ、習字が本当に苦痛だった(苦笑)利き手は絶対に矯正してはいけません。 以上。父は左利きでも何も言わなかった 義母は異質だとし虐待紛いで矯正した 結果 両利きの出来上がり元は左利きだけど、右に直した物もあるから一応両方使える。脳に良いって聞くけど、人と比べて別に回転が速いわけでもなく、最近は物忘れも酷い
顔汗サラフェ